中学受験を受ける前に利点と注意点をよく確認|合格プロデューサーズ

私立へ通うという選択肢

Education

日本の教育は主に小学校、中学校、高校、大学と分かれています。中等教育となる高校からはその他の選択肢もあり、就職するという道もありますが、ほとんどの子どもは高校へ通い、また多くの子どもは大学や短大などへ進みます。これが教育の基本とも言える流れですが、少し違った選択肢もあります。そのうちのひとつは、中学受験をして私立中学へ通うというものです。
中学校は義務教育に当たるため、普通ならば受験などせずとも入学できます。そのため無理に中学受験をする必要はありませんが、受験をして私立中学へ入学することでさまざまなメリットがあるため、毎年多くの小学6年生が受験に挑戦しています。

中学受験を受け、高いレベルの教育を受けることには多くのメリットとデメリットがあります。これらのことをよく把握した上で受験をすることで、子どものためになる教育を選択することができます。逆に、メリットばかりに目を向けて注意点を考えずに子どもを受験させてしまうと、かえって子どもにとって悪い結果になる可能性もあります。
こういった特徴から、基本的に中学受験は家族一丸となって取り組むものだということができます。子どもがひとりで頑張るのもいけないですし、親が勝手に盛り上がってしまうのもいけないのです。そういうことなく親子がしっかり協力し、モチベーション高く中学受験に臨むことで、受験へ合格する確率も上がることでしょう。もちろん、合格してからの勉強の日々にもよい影響が現れてくるはずです。

明確な教育理念から選ぶ

Education

全国的に統一された教育方針のもとに教育が受けられるのが公立中学の良さだとすれば、その学校ごとに定められた教育理念により筋の通った質の高い教育を受けられる点が中学受験により私立中学へ行くメリットだということができます。

» 詳しく見る

6年間を存分に活用

Education

中学受験により私立中学へ入学することができれば、多くの場合は中高一貫教育により無駄のない教育を受けることができます。大学受験への準備も早い段階から始めることができるため、大きなメリットだといえます。

» 詳しく見る

注意点もしっかり把握

Education

さまざまなメリットのある中学受験ですが、よく考えなければならない点もあります。例えば学習内容の問題があり、かなり難しくなるので子どものフォローが必要です。また、経済的な負担がもちろん大きいので、事前の確認が必要です。

» 詳しく見る